県政フラッシュ

共生社会の実現を目指して

5月29日、ユニバーサルデザインの街づくりおよび心のバリアフリーの取り組みを実施する「共生社会ホストタウン」に、飯塚市と田川市が県内で初めて登録されました。これは、パラリンピアンとの交流をきっかけとして共生社会の実現を目指すものです。
 7月5日には南アフリカ共和国オリンピック委員会との2020年東京パラリンピック競技大会事前キャンプ実施に係る基本合意書調印式が飯塚市で行われました。

スポーツ振興課
☎092-643-3405 ファクス092-643-3408

北九州-沖縄定期貨物便が就航しました

北九州空港において、6月5日から北九州-沖縄定期貨物便が新規就航しました。
 九州唯一の24時間空港の特長を生かした深夜発の運行で、那覇空港を経由して早朝にはアジア主要6都市(上海、香港、台北、ソウル、バンコク、シンガポール)へ到着する物流ルートを実現しました。これにより、部品の迅速な安定供給による製造業のさらなる振興や農林水産物の輸出促進につながることが期待されます。

空港整備課
☎092-643-3173 ファクス092-643-3174

省エネ・節電にご協力をお願いします

6月8日、貝塚幼稚園の園児の皆さんが、知事と一緒にアサガオの苗の植え付けを行い、建物内の温度上昇を抑制するために、県庁舎の正面玄関にグリーンカーテンを設置しました。県では、無駄な電気を消したり、冷房温度を適切に管理するなど、健康に留意しながら無理のない範囲での省エネ・節電へのご協力を県民の皆さんに呼びかけています。

環境保全課
☎092-643-3359 ファクス092-643-3357

世界遺産登録1周年! 博多座でイベント開催

「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録1周年を記念して、6月16日、17日に福岡市で博多座マルシェ宗像編を開催しました。
 宗像とその周辺地域の人気店が出店したほか、大型デジタルサイネージ「博多座グランドビジョン」を使い、遺産群の映像が放映されました。

世界遺産室
☎092-643-3162 ファクス092-643-3163

薬物乱用を許さない社会を形成するために

6月20日から7月19日までの「ダメ。ゼッタイ。」普及運動および6月26日の「国際麻薬乱用撲滅デー」に併せて、6月30日、福岡市で街頭キャンペーンを実施しました。
 キャンペーンでは、麻薬探知犬によるデモンストレーションや福岡県警音楽隊による演奏などが行われました。また、薬物乱用防止啓発VR体験コーナーも設置され、訪れた人々は薬物の恐ろしさを擬似的に体験しました。

薬務課
☎092-643-3287 ファクス092-643-3305

九州合同プロモーション in France

7月1日から6日まで、ラグビーワールドカップ2019の開催に向け、九州各県と経済界の代表がフランスを訪問し、合同でプロモーション活動を実施しました。
 観光セミナーやレセプションを開催したほか、Japan Expo 2018への出展などを行い、フランス政府やラグビーの関係者、旅行業者などに伝統文化や観光資源などの九州の魅力をPRしました。

国際政策課
☎092-643-3214 ファクス092-643-3224