ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 記者発表資料 > 県内の全小学校にタグラグビー用ボールを配布します!

県内の全小学校にタグラグビー用ボールを配布します!

印刷用ページを表示する 発表日:2018年11月6日 10時00分
担当課:
ラグビーワールドカップ2019福岡開催推進委員会事務局
直通:
092-643-7613
内線:
81-3901
担当者:
重岡、月守

○ラグビーワールドカップ2019福岡開催推進委員会では、来年のラグビーワールドカップの大会成功に向け、「ラッピングバス」の運行、JR博多駅や

ヤフオクドームでのイベントの開催など、大会PRのための様々な取組を実施しています。

○このたび、大会公式スポンサーである三菱地所株式会社から、タグラグビー用のボール1500個を寄付いただくこととなりました。

○県では、寄付いただいたボールを県内の全小学校741校に配布し、タグラグビー教室などで活用することで、大会に向けた気運醸成及びラグビー

の普及を図ってまいります。

○また、11月17日にレベルファイブスタジアムで開催される「ジャパンラグビートップリーグカップ戦第2節」において、観客輸送の大会リハーサルを

実施します。

○この試合においては、来年の大会本番前に広く県民の皆さんにラグビーの魅力を知っていただくため、先着順で県内在住の親子2019組、18歳以
上の方2019名を招待します。ぜひ多くの方に会場に足を運んでいただきたいと思います。

○今後も関係者と一体となって、大会の成功に向けて、県民の皆様の更なる気運醸成を図るとともに、開催の準備を進めてまいります。

 この報告が行われた知事定例記者会見の模様は、ふくおかインターネットテレビ(外部リンク、リンクを開くと動画が再生されます)で動画配信しています。

1 タグラグビー用ボールの贈呈式の概要
(1)日 時:平成30年11月14日(水曜日)15時30分~15時50分
(2)場 所:知事応接室(行政棟8階)
(3)贈呈者:吉田(よしだ) 淳一(じゅんいち) 三菱地所株式会社執行役社長
(4)県側同席者:小川 洋 福岡県知事
                       城戸 秀明 福岡県教育長
                       重松 典子 福岡県人づくり・県民生活部長
                       篠原 一洋 福岡県人づくり・県民生活部副理事
                                        (兼ラグビーワールドカップ2019福岡開催推進委員会事務局長)
(5)贈呈物:ラグビーワールドカップ2019ロゴ入りラグビーボール 1500個
       ※タグラグビーに使用できる4号球サイズ
(6)その他:タグラグビー用ボールは、年内に県内全741校へ2個ずつ配布予定。

【参考:タグラグビーについて】
 タグラグビーは、ラグビーからタックルなどの接触プレーをなくしたボールゲームで、性別や年齢を問わず誰でも安全に楽しむことができるものです。
 県内のほとんどの小学校では、タグラグビー教室や授業を通じてタグラグビーを実施しています。

2 大会リハーサル(11月17日)の内容
(1)観客輸送
  ・パークアンドバスライドの実施
  ・福岡空港からのシャトルバスの運行
 

【参考:ジャパンラグビートップリーグカップ戦第2節】
 ○日   時:平成30年11月17日(土曜日)
 ○場   所:レベルファイブスタジアム(福岡市博多区東平尾公園2-1-1)
 ○対象試合:11時30分キックオフ コカ・コーラレッドスパークス 対 豊田自動織機シャトルズ
         14時00分キックオフ 宗像サニックスブルース 対 ヤマハ発動機ジュビロ

3 観戦招待
  上記試合において、下記の観戦招待を実施。
(1)親子招待2,019組(県内在住の小中高生と保護者)
(2)一般招待2,019人(18歳以上の県内在住の方)
  ※いずれも先着順
  ※応募締切は、11月9日(金曜日)

無料観戦招待チラシ [PDFファイル/1.39MB]


(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)