ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県民のみなさまへ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月9日更新

~弾道ミサイル落下時の行動についてのお知らせ~

 近年、北朝鮮により、弾道ミサイル発射や核実験が繰り返されています。
 県民の皆さまは、いざという時の備えとして、日ごろから国や自治体からの情報に注意してください。
 万が一、弾道ミサイルが落下した際は、県は、国や市町村などとともに対応してまいりますが、県民の皆さまも冷静に、以下の行動を心がけてください。

1 情報の伝達(警報について)

  1. 万が一ミサイルが発射されて、国が福岡県に影響が及ぶ可能性があると判断した場合、全国瞬時警報システム(Jアラート)により、国から市町村等へ警報が伝達されます。
     
  2. 県民の皆さまには、以下の方法で警報が伝達されます。
  • Jアラートと連動した市町村の防災行政無線や戸別受信機などを通じてサイレン音が流れ、音声で警報の内容をお伝えします。※市町村により異なります。
  • 携帯電話に、緊急速報メール(ソフトバンク、KDDI、ワイモバイル)やエリアメール(ドコモ)として緊急情報が配信されます。
    ※対応機種の確認方法及び対応していない場合の対策については、こちら [PDFファイル/252KB]から確認ができます。
  • テレビやラジオで緊急情報が放送されます。

情報伝達の流れ

2 警報を受けた場合に取るべき行動

 弾道ミサイルは、発射されてから極めて短時間で着弾します。
 警報を聞いた場合は、早急に以下の行動を取ってください。

(1) 屋外にいる場合

 爆風や破片から身を守るために、近くのできるだけ頑丈な建物(コンクリート製の建物など)や、地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
 周囲に適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭を守ってください。

(2)屋内にいる場合

 爆風でガラスが割れるおそれがあるため、窓からなるべく離れてください。

その後は、情報に注意しながら、国や自治体からの指示に従い、冷静に行動してください。

3 参考資料

弾道ミサイル落下時の行動について(その1)

弾道ミサイル落下時の行動について(その2)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

Jアラートによる弾道ミサイル情報の伝達に関するQ&A

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用 [PDFファイル/252KB]
出典:内閣官房「国民保護ポータルサイト」より

 

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)