ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て・教育 > 子育て支援 > 子育て支援 > 福岡県保育士修学資金貸付制度について

福岡県保育士修学資金貸付制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月1日更新

1 福岡県保育士修学資金とは

 指定保育士養成施設に在学する者で、将来福岡県内において保育業務に従事しようとする者に対し、修学資金を貸付け、その修学を容易にすることにより、保育士の養成及び確保を図ろうとするものです。

 養成施設を卒業後、県内の保育所等で保育業務に5年間継続して従事した場合には、全額返還が免除されます。

 

2 貸付対象者

 修学資金の貸付対象者は、次の(1)から(5)に掲げる要件をいずれも満たす者です

 ただし、生活費加算の貸付対象者は、次の(6)から(8)のいずれかに該当する者です。

 

(1)県内の養成施設に在学している者であること。
  (ただし、県内に居住している者で、県内及び県外の養成施設の通信課程に在学している者を含む。)

(2)優秀な学生であると養成施設の長が推薦する者であること。

(3)修学に際し、経済的援助を必要としていること。
  (独立行政法人日本学生支援機構の第一種奨学生の収入基準を満たすこと。)

(4)同種の奨学資金、又は修学に係る他の国庫補助事業等を活用した支援を受けていないこと。
  (日本学生支援機構の奨学金や、日本政策金融公庫の教育ローンとの併用は可能。)

(5)養成施設を卒業後、県内の従事先施設等で保育業務に従事しようとする者であること。

 

(6)県内の生活保護受給世帯の子である者。

(7)養成施設への進学により県内の生活保護世帯の子でなくなった者。

(8)県内の生活保護受給世帯に準じる経済状況にある世帯の子である者。

 

3 貸付額

 修学資金として、貸付する金額は次のとおりです。

 修学資金の貸付に係る貸付利息はありません

貸付額
修学資金月額5万円以内(総額120万円以内)
入学準備金20万円以内
就職準備金20万円以内
生活費加算(生活保護受給世帯の者等)月額4万円程度(居住地及び年齢により異なります。)

 

 

 

 

4 返還債務の免除

 次の場合、貸付を受けた修学資金の返還債務を免除します。

(1)養成施設を卒業した日から1年以内に保育士として県内で保育業務に従事し、かつ、5年間引き続きこれらの業務に従事したとき。

(2)保育業務に従事している期間中に、業務上の事由により死亡し、又は業務に起因する心身の故障のため、業務に従事できなくなったとき。

(注)これらに該当しない場合は、貸付を受けた修学資金は返還していただきます。

 

5 貸付申請手続

 修学資金の貸付を希望する学生は、在学する養成施設を通じてお申込みください。

 

6 本制度に関する問合せ先

社会福祉法人 福岡県社会福祉協議会 総務課

住所:〒816-0804 福岡県春日市原町3-1-7 クローバープラザ内

電話:092-584-3377

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。