ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 防災・国民保護 > 被災者支援 > 広島県への追加派遣の辞令交付式を行いました

広島県への追加派遣の辞令交付式を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月31日更新

 福岡県では、平成30年7月豪雨の発災直後から、被災された方々への支援のため、愛媛県宇和島市をはじめ、岡山県倉敷市、総社市、広島県へ職員を派遣してきました。また、10月1日からは、本県職員1人を広島県へ長期派遣しています。

 10月31日、全国知事会を通じた広島県からの要請に基づき、11月1日付けで長期派遣する本県職員1人に、小川知事から辞令を交付しました。

 知事は派遣される職員に対して「県では、県内被災地の復旧・復興に全力を挙げるとともに、被害が甚大である他県の被災地についても、延べ850人を超える県職員・市町村職員を現地に派遣し、支援してきました。これまで培った経験や知識を存分に発揮し、福岡県の代表として被災地の皆さまに寄り添って精一杯頑張っていただきたいと思います」と激励しました。

激励する知事 
(写真)派遣職員を激励する知事 

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。